看護師の仕事は、日々状態が変化する患者を相手にする仕事の関係上、入院施設がある医療施設や介護施設などでは24時間必要とされる仕事です。そのため、多くの看護師が働く施設では、日勤と夜勤とに分かれて、それぞれ対応することとなっています。

夜勤の仕事と言うと、日勤よりも時給が高いという特徴があることが知られています。看護師の仕事では日勤と夜勤とでは気を付けるべきポイントが異なり、それぞれ特徴があるので注意が必要です。

看護師の仕事の主なものは、排せつや介助などといった患者のサポートからはじまり、患者に異常がないかの見回り、点滴の交代などといった医療処置、患者の様態の急変への対応などといったものです。これは、日勤と夜勤とでさほど変わりありません。

しかし夜勤の場合、日勤とは異なり多くの患者が休んでいるため、これに配慮しながら仕事をしなければなりません。
患者のサポートも他の患者を起こさないように注意しながら行わなければならず、見回りに際しても灯りが落とされて暗い中、患者の様子をしっかりと見なければなりません。医療処置において患者を起こさなければならないこともあるので、日中に行うよりもより一層の配慮が必要です。

このように様々な注意が必要となる夜勤ですが、多くの場合日勤での勤務よりも少ない人数で回していることが特徴です。そのため、夜勤の仕事は日勤よりも大きな配慮が必要で、かつ一人の業務内容が多いという特徴があります。