看護師への就職を考えた場合、気になることの一つとして良く挙げられるのは、ワークライフバランスについてです。

看護師は日勤と夜勤に分かれており、労働時間が長くなりがちです。それに加え、現代では看護師の慢性的な人材不足が叫ばれており、絶対的な人数が足りない状況となっています。辞めてしまった他の看護師の分のカバーを行わなければならず、さらに労働条件が厳しくなってしまっているのが現状です。

しかし、もちろん各々の病院がそのままの状況で良しとしているわけはありません。
最近では、看護師のワークライフバランスの整えにくさを問題として、看護師業界全体で待遇を見直していく方向性がとられています。
給与等の待遇、夜勤の回数の改善はもちろんのこと、シフトの組み方を根本から見直すことで、看護師でも一週間ほどの長期休暇の取得を可能にした病院の事例もあります。人数が少ない中でも、病院側の工夫により、ワークライフバランスを整えることは可能です。

そのため、看護師への就職を考える場合、どこの病院で働くかがワークライフバランスを取る最重要の鍵と言えます。その病院で働いている人が余裕を持って働いているか、実際に病院に足を運んで確認することも、一つの判断の手助けになるでしょう。

看護師は人の命を預かっている職業であり、働く本人がまずは健康でなければ他人の健康を管理できるわけはありません。
大変やりがいのある職業であることは確かなので、自分に合った働き方が叶う職場を探すことが大事です。